親子の老後編集部

高齢者の安否確認ができる見守りサービス10選

家族・友人

2018.8.27

 

実家で親が一人暮らし。だんだん年を取ってくると、毎日元気にしているのか心配になりますよね。こまめに電話をすればいいのでしょうが、毎日電話するのは仕事や子育てで忙しい生活の中ではなかなか難しい。また、実は電話がつながらないときのほうが心配だったりします。

そんな親御さんと離れて暮らす方のために、さりげなく親の毎日の生活を見守り、いざというときに備えるサービスをご紹介します。

毎日の生活の中で手軽に親の状態を確認できるサービス

大げさな業者との契約が不要で、親の日々の生活をさりげなく見守るサービスです。

1.携帯の使用状況をチェック

今は高齢者も普通に携帯やスマホを使っていますよね。親が使っている携帯やスマホの利用状況や、1日に歩いた距離などを家族などの「つながりメンバー」に通知してくれます。月額利用料が無料なので、気軽に利用することができます。

DOCOMO つながりほっとサポート

2.電気ポットの使用状況をお知らせ

親の家にある電気ポットの使用状況がわかるサービスです。 電気ポットは毎日使うもの。お年寄りにとってもいつもの電気ポットを使うだけなので負担になりません。無線通信機を内蔵した電気ポットが、電気ポットが使われた時間を1日2回メールで送信してくれます。さりげなく毎日の生活を見守ることができます。

象印 みまもりホットライン  

3.ガスの使用状況と料金をチェック

毎日のガスの使用状況を離れて暮らす家族のところへメールで通知してくれます。ガス料金についても知ることができます。

東京ガス くらし見守りサービス 

4.ネットワークカメラで見守り

親の家にネットワークにつないだカメラを設置し、家族がパソコンやスマホでその画像を見ることができます。リビングなどに設置しておけば、親の姿をリアルタイムで確認できるので安心です。 複数台つなぐことができるので、親の様子を別々に暮らす兄弟で確認することもできます。 業者との契約が不要なので、月々の利用料などがかからないのがメリットです。

PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ)  

スタッフが親の状況を確認してくれる安心なサービス

業者と契約することで、スタッフが直接親の生活の状態を確認してくれるサービスです。

5.オペレーターが毎日電話して健康状態を確認

オペレーターが毎日親の家に電話して、体調などを確認してくれます。毎日数分の会話から週2回は10分程度の長電話ができるプランなどニーズに合わせて複数のプランから選べます。また、オペレーターと親の会話は音声データで家族が聞くことができます。自動音声ではなく、きちんと人が電話してくれるのは安心ですね。

お元気ダイヤル 

6.地元の郵便局による見守り

月に1回、郵便局の局員が親の家を訪ねて最大10項目の生活状況を確認してくれます。郵便局は山間部や離島など全国各地にあるのが強みです。また、毎日自動音声で電話して、体調確認をしてくれます。オプションでいざというときの駆けつけサービスをつけることもできます。

郵便局のみまもりサービス 

7.お弁当の宅配で見守り

高齢で一人暮らしだと食生活もおろそかになりがち。そんな高齢者のためのお弁当の宅配サービスです。もしお弁当の配達のときに会えなければ家族に知らせてくれます。親の栄養面と安全面の両面をフォローできるサービスです。

高齢者専門宅配弁当 宅配123 

いざというときも安心、駆けつけサービスのついた見守り

普段はセンサーで見守り、いざというときには契約した業者が駆けつけを手配してくれるサービスです。

8.ホームセキュリティに見守りをプラス

ホームセキュリティ最大手のセコムが、ホームセキュリティ契約者向けにオプションとして出しているサービスです。 トイレなどの必ず通る場所にセンサーを設置し、一定期間動きが感知されない場合に確認してくれるサービスや、いざという時に握るだけで救急信号を送れるペンダントタイプの救急通報ボタンなどがあります。 セコムの空き巣や火災に対するホームセキュリティと併せて安心を得ることができます。

セコム 高齢者見守りサービス

9.人感センサーで見守り

トイレやリビングのようなよく使う部屋に人感センサーを設置します。24時間以上動きが感知されないときは、安否確認の電話をしてくれます。それでも連絡がとれないときは、家族などに通知があります。 また、家の中にボタンを設置。いざという時は、ボタンを押すだけで救急車の手配も可能です。

絆-ONE  

10.タブレットで見守り

親の家に設置したセンサーつきのタブレットが、親の動きのあるなしや部屋の温度、明るさなどを検知して、異常があると知らせてくれます。また、タブレットを通して伝言を伝えることもできます。緊急時には駆けつけ、救急などの手配をしてくれます。

みまもりステーション 

目的に合った見守りサービスを選ぼう

高齢者の見守りサービスはいろいろありますが、業者に依頼するもの、自分たちだけでできるもの、見守りだけができるもの、いざというときは誰かが駆けつけるサービスがあるものなどさまざまです。価格もサービスによって大きな違いがあります。 親の年齢や健康状態、また、実家との距離などによって適切なサービスを選ぶようにしましょう。上手にサービスを利用して、親も子も安心して毎日の生活をおくれるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう