親子の老後編集部

介護の相談はどこにすればいい?頼りになる介護の相談場所をご紹介!

健康・介護

2017.12.1

高齢の親に健康の不安が出てきていよいよ介護が必要になった。しかし、これまで介護とは無縁に生活してきたので、どうすればいいのかわからないですよね。
また、ずっと在宅で親の介護を続けているが、先の見えない介護に家族のほうが疲れてしまったという場合もあります。このような状態で介護が続けられるのか不安でならない。

このように、先の見えない介護の問題は重いものです。家族の問題はなかなか外部には相談しにくいものですが、介護のコツは、一人で問題を抱え込まないことだと言えます。
家族に介護の問題が起こったときや、介護の大変さに困ったときは、一人で悩まずにいろいろなところに相談するようにしましょう。

介護が社会問題となっている現在は、さまざまな介護の相談窓口が設置されています。
ここでは、代表的な介護の相談場所についてご紹介します。

地域包括支援センター

「地域包括支援センター」とは、市町村などの自治体によって設置された、介護を支援するための地域ごとの拠点です。

介護の問題が起こったときには、地域包括支援センターに相談すれば、行政や関係機関の間をたらい回しにされることなくワンストップで対応してもらえます。介護について不安なことがあるときや、どこに相談すればいいかわからないときは、まず地域包括支援センターに連絡するとよいでしょう。

地域包括支援センターは、保健師、社会福祉士、地域医療に詳しい看護師、主任ケアマネジャーなどで構成されています。そのため、スタッフ同士が連携をとって高齢者やその家族のさまざまなニーズに対応することができるのです。

地域包括支援センターの主な業務は以下のとおりです。
1.総合相談支援業務
地域の住民からの各種相談を幅広く受けつけて、さまざまな制度やネットワークを使って横断的な支援を実施する。

2.介護予防・ケアマネジメント業務
高齢者の介護を予防するためのケアプランの作成などを行う。

3.包括的・継続的ケアマネジメント支援業務
介護保険をはじめとする介護サービスに関するさまざまな相談を受ける。

4.権利擁護業務
高齢者をめぐる財産トラブルに関して成年後見制度の活用を促したり、高齢者虐待に関する相談に対応したりする。

居宅介護支援事業所

「居宅介護支援事業所」とは、介護保険に対応して、要介護認定を受けている高齢者のケアプランを作成したり介護に対応したりする事業所のことです。介護が必要となった人とデイサービスやヘルパーなどの介護保険サービスとをつなぐ役割を果たしています。

居宅介護支援事業所にはケアマネジャーが常駐しています。ケアマネジャーは、介護認定を受けた人に対して、ケアプランの作成をしたり、介護サービスを受けられる事業所を紹介したりします。そして、必要に応じてケアプランの調整を行います。その他にも、介護に関する全般的な質問・相談を受け付けています。

ほとんどの居宅介護支援所は、介護施設を併設しています。
これから介護を受ける場合はもちろん、現在介護を受けている場合でも、不安なことがある場合はまずケアマネジャーに相談するようにしましょう。

市町村の高齢者福祉課、介護保険課

市町村の高齢者福祉課や介護保険課でも、介護に関する相談を広く受け付けています。
介護保険を申請する際には、高齢者の住んでいる市町村の介護保険課に申請して、介護認定を受けることになります。介護保険について知りたいときは、市町村の窓口に相談してみましょう。

社会福祉協議会

「社会福祉協議会」とは、民間の社会福祉活動を推進することを目的とした民間組織です。地域に密着して、福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援などを行っています。

たとえば、介護をしていてボランティアを依頼したいときなどは、社会福祉協議会に相談すれば対応してもらえます。また、財産や相続に関する問題や、その他の法律問題についても、弁護士に相談できたり、相談窓口を紹介してもらえたりします。

医療ソーシャルワーカー

「医療ソーシャルワーカー」とは、社会福祉の立場から患者やその家族の心理的・社会的な問題の相談に乗り、社会復帰へと導く専門職です。総合病院などでは、医師や看護師のほかに医療ソーシャルワーカーが常駐しています。

高齢者の場合、病気やケガのために入院している間に介護が必要な状況となることがあります。また、退院してもすぐにもとの状態で暮らすことは難しく、リハビリや援助が必要となることもあるでしょう。そのような状況になったときには、病院のスタッフである医療ソーシャルワーカーに相談してみましょう。

医療ソーシャルワーカーは、病気への対応など医療的なことに詳しく、地域の医療や介護についてもさまざまな情報を持っています。介護保険の申請のしかたや、地域の介護サービスの利用方法、また他の病院や施設への入所などについてもきめ細かく対応してもらえます。

保健所

保健所は、地域の医療・健康に関する相談を広く受け付けています。
保健所の特徴は、地域の住民の医療面だけでなく、心の問題にも広く対応していることです。介護についても、介護を受ける高齢者の問題だけでなく、高齢者を介護している側である家族のストレスや心の問題についても対応が可能です。

保健所のスタッフには、精神保健福祉相談員、保健師、精神科医師などの専門家がいてケアしてもらえるので、介護をしている家族が行き詰まりを感じたときには相談してみるといいでしょう。

国民健康保険団体連合会

「国民健康保険団体連合会」とは、国民健康保険のために必要な事業を行うことを目的にして設立された公的な法人です。都道府県ごとに設置されています。

国民健康保険団体連合会は、市町村から委託を受けて居宅介護サービス費等の請求に関する審査及び支払いを行っています。また、介護サービス等の質の向上に関する調査や介護サービス事業所に対する指導や助言も行っています。

介護サービスを利用していると、時としてさまざまなトラブルに直面することがあります。介護事業者との間にトラブルが起こった場合は、高齢者の介護そのものに影響する可能性もあるためなかなか言い出しにくく、対応が難しいものです。

そのような場合の相談窓口となっているのが国民健康保険団体連合会です。もし、介護事業者との間にトラブルが起こったときには、住んでいる都道府県の国民健康保険団体連合会に相談するようにしましょう。

介護の相談をするときの注意点

親とは遠距離に住んでいて介護の問題が起こったときは注意が必要です。
介護の問題は、親の住んでいる自治体の相談窓口に相談する必要があります。

直接足を運ぶことが難しい場合は、まずは電話で相談してみましょう。相談を受け付けている窓口は、これまでさまざまなケースを扱ってきていますので、遠距離介護についてもどのような対応のしかたがあるのかをアドバイスしてもらえます。

まとめ

介護をしていると、さまざまな問題が起こります。家庭内の問題や、介護に関わるトラブルなどは外部の人には話しづらいと思うこともあるでしょう。
しかし、介護はいまや一般的な問題です。社会には介護で同じように悩んでいる人がたくさんいますし、介護に関わる人はそのような問題をたくさん見てきています。

介護で悩んだときには、一人で抱え込まずにこれまで挙げたような相談機関のプロに相談してみましょう。「恥ずかしい」と感じるようなことでも、相談機関ではこれまでにも同じような問題をたくさん扱ってきています。そして、さまざまな解決方法も提案してもらえるでしょう。

たくさんの相談相手を持っていることが、介護を受ける高齢者にとっても、介護をする側にとっても安心なことだと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう