親子の老後編集部

今や高齢者もスマホは当たり前?シニアにおすすめのスマホアプリ5選

暮らし

2018.8.13

数年前までスマートフォンを持っている高齢者は珍しかったかもしれませんが、最近では高齢者にとって利用価値の高いアプリも出てきて、スマホを使う高齢者も増えてきたようです。

そこで、今回は、高齢者におすすめのスマホアプリ5選をご紹介したいと思います。

1.歩数計(ITO Technologies, Inc.)


まず、入れておいて便利なのは歩数計です。しかし、古いアプリの中では、ただ手で持ってなにかしらの作業をしている時の振動や揺れだけで歩数としてカウントされてしまうものもあります。

しかし、ここで紹介している「歩数計」は手で振ったり揺らしたりしても歩数としてはカウントされません。そのため、正確な歩数を計測することができます。

歩数と消費カロリー、距離、歩行時間、時速を表示します。シンプルでわかりやすいので、高齢者にも使いやすいアプリです。

歩数計 – Google Play の Android アプリ

2.ラクホン(System Advance Co., Ltd.)


高齢者にとっては必要のない機能も多いスマートフォン。
使い方が難しい!、文字が小さくて見にくいと不便に感じている方におすすめなのが、こちらの「ラクホン」と呼ばれるアプリです。

煩雑な画面をシンプルに、文字も大きく見やすい仕様にします。それだけでなく、登録しておけばワンタッチで誰かに電話を掛ける機能や緊急電話をかける機能もあるなど、高齢者にとっては便利な機能ばかりです。

「ラクホン」公式サイト

3.お薬ノート(Karadanote Inc.)


高齢者になると、どうしても服用する薬の種類が増えてきますよね。一体、どの薬をいつ服用すればいいのかも覚えるのも大変です。そんな時はこのお薬ノートが役に立ちます。

なんと、このアプリ、煩雑な薬情報を入力する手間も必要なく、画像認識でそれが何の薬なのか判別してくれます。加えて、時間別で服用アラートを設定したり、飲んだかどうかを記録する服用チェックなんていう機能もあります。

お薬ノート- Google Play の Android アプリ

4.健康診断宝(Beijing Jiajia kangkang Co. Ltd.)


病院でもやるような健康診断が家にいながら気楽にできます。
特に高齢者の方におすすめなのが血圧測定と心拍数測定。どちらも高齢者になると気になる数値ですよね。それだけでなく、視力測定や回復、聴覚の測定もできます。

このような測定機能を多く取り揃えているのに加え、体を鍛えるワークアウトを教えてくれる便利機能も付いているのです。これが無料で使えるなんてお得ですね。

健康診断宝をApp Store で – iTunes – Apple

5.Q助(消防庁救急企画室)


消防庁救急企画室が提供しているアプリです。
ある日、突然目の前で自分の親が倒れてしまうなんていうことは他人事ではなく、実際に起こり得ることです。また、急に体調不良になることも高齢者にはよくあること。ただの貧血による立ち眩みや風邪だと思っていると、重大な病気の可能性もあります。

このQ助は出ている症状や症候を入力していくことで、救急車が必要か否か、緊急ではなくても医療機関への診察が必要かどうかまで判断・診断してくれる便利なアプリです。

全国版救急受信アプリ(愛称「Q助」)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう